明日ははれる?

明日ははれる?

それともくもり?

僕の心は今は雨だけど

それでもいつも

そばにいてくれる

君のことが大好きよ

三日月を眺める雲の上

君のとなりにいたいから♪

明日ははれる

必ずはれるから

僕は君のことが大好きよ

君の笑顔が大好きよ♪


nana-music.com

心の引き出し

お元気ですか?

最近キッチンのちいさな引き出しに

駄菓子を備蓄しています。

「のしいか」や「きなこ棒」それから「酢昆布」etc…

昭和の端くれ生まれの私ですが、

昭和のあたたかさというか

レトロでなんともいえない空気感の中の一部に

「駄菓子」があります。

子供の頃はお小遣いを握りしめて

悩んで悩んで100円以内くらいで

近くのちいさな商店で駄菓子を購入したのを

覚えています。

(怒ると怖ーい祖母がお小遣いをくれた日は

確か300円以内くらい。)

懐かしいな、あたたかいな。

ぼんやり雨に濡れている窓を眺めながら

記憶がふわり、ふわりと蘇ります。

あの頃の記憶は途切れ途切れですが。

そんなあたたかくて、ちょっぴり照れ臭くて

愛しい記憶が蘇ったきっかけは

作家 石田千さんのエッセイ「お勝手に、」でした。

私は表紙を担当しています。

今は連載6回目、タイトルは「駄菓子やさん」です。

是非ご覧ください♪

色つけの前の線画(お恥ずかしながら自撮りの為鏡写し)

「お勝手に、」6回目「駄菓子やさん」

https://kataokayoshio.com/contents/7BNBP

石田千さんについて♪

https://ja.wikipedia.org/wiki/石田千

ここ最近の生活の変化に順応するのに精一杯でした

でも、そういう時期だからこそ

忘れていたあたたかい記憶を

心の引き出しに備蓄していきたいとも思う

今日この頃です。

そして子供の頃の奮闘、

今の現実を見据えながら

頬を掠める風のように

日常が過ぎ去っていく日々、

この瞬間を思い出し懐かしくなる日が

来てくれることを願いつつ。

ハチドリのひとしずく

森が燃えていました

森の生き物たちは我先にと逃げていきました

でもクリキンディという名の

ハチドリだけは 行ったり来たり

口ばしで水のしずくを

一滴ずつ運んでは 火の上に落としていきます

動物たちはそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」と

と笑います。

ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」

と答えました……。

/voyager T-shirt design 

「ハチドリのひとしずく」より